パーソナルカラー診断を表参道の体験記。実際の流れと感想・レビュー。

パーソナルカラー診断でメイクレッスン パーソナルカラー診断
ケースを外した状態で集めていました
スポンサーリンク

表参道の“TOMOKO YABUKI”というサロンで矢吹先生にパーソナルカラー診断+メイクレッスンをしてもらってきました。合計2万7千円するこちらのレッスン。
中身はどういったものなのでしょうか?

今回私はベーシックコースのパーソナルカラー診断+メイクレッスン3時間を受診しました。
税込27,000円なのでこのコースにするかどうか、かなり迷いました。

値段も高いですし、私のように迷っている人も多いと思うので
実際の流れや様子、正直に思ったことををめちゃくちゃ細かくレビューします。
すこしでも参考になれば嬉しいです。


場所

東京メトロ 表参道駅 A4出口徒歩3分
エレベーターで3階に上がり、手前の扉のお部屋がこちらのサロンです。
3階の奥の扉は別のオフィスのようなので注意です。

すぐお隣のビルがポルシェだったり高級なブランドが立ち並ぶ青山通りにあるビルの3階です。
とはいえ、ビルの中に入るとそこまで高級感! って感じはなく普通のビルです。

お茶を飲みながら、悩み・なりたいイメージなどの質問シートに答える

笑顔の矢吹先生とご対面。
質問シートに悩みやパーソナルカラー診断を受けようと思ったきっかけなどを書き込んだり聞かれたりします。
ボールペンとパーソナルカラー診断についてまとめた用紙は用意してくれていますので
気になる方はそちらに何かメモもできます。

お茶も出してくださいました。

私は老けて見える、ファンデーションが黄色ぐすみするなどを伝えました。
自分に似合う服装やメイクがわからなくて客観的な意見を伺いたい旨を伝えました。

説明用紙を使いながらメイクのお話を聞く

紙に顔が書いてあります。

それに眉の長さの理想が書かれています。
自分のなりたい理想が可愛い系なら眉は短め、
一般的な眉の長さ、
美人系の眉の長さを絵で学びます。

最近は下がり眉も人気ですよね。
若い子を中心に下がり眉の方が増えてきていますが大人には下がり眉は子供っぽぎるとのことで
眉毛の良い位置を習います。

そういったメイクの細かいお話を聞きます。
でも心の中はうずうず。
私のパーソナルカラーはまだなの??? そんな思いがぐるぐるしていました。

そしてメイクのお話が終わると遂に!!!

メイクを落としながらパーソナルカラーの種類などのお話を聞く

パーソナルカラー診断はノーメイクで実際の肌の色を見るのでお化粧を落として診断してもらいます。

そうです!
それならお化粧していかなくていいのでは? と思った方もいると思います。
私もお化粧を落としてノーメイクにマスクで行くか悩みました。
わざわざ落とすことがわかっていながらメイクをするのもめんどくさいですもんね。

でも、メイクをしていくことを私はオススメします。
自分のメイクについて友達から何か言われたことありますか?
私はほとんどありません。
そのアイシャドウ、いいね、くらいならありますが
本格的な指摘はあまりされたことがないです。

友達や知り合いの眉毛が少しおかしかったり
アイシャドウが濃すぎたりそれくらいの違和感だったらイチイチ友達に伝えないですよね?
女の子って綺麗だったり可愛かったり、メイクが良かったら褒めますが、
あんまり…ってことは注意しづらいですよね。

今回はせっかくの客観的な意見がきけるチャンスです。
いつも通りのメイクをしていくと先生も意見を言いやすいと思うので
メイクにも興味がある方は普段通りのメイクをしていった方がいいと思います。

私はメイクを落としながら、パーソナルカラー診断についてお話を聞きました。
これから実際に自分が診断してもらうので
自分がどれになるのかドキドキです。

自然光の入るところで鏡の前に座り顔色、瞳の色を見てもらう

メイクをしていない姿で自然光の下にはいたくない…
しかし耐えます。

これを耐えればパーソナルカラーがわかります。
盛れていない自分の顔面と向き合いながら、次の段階に入ります。

女性同士だから、いっか! という開き直りも大事ですよね!

鏡の前に座り、首の下にドレープと呼ばれる色とりどりの布を当てる

ドレープ診断@表参道
お待ちかねの!!!
ドレープ診断です。
ドレープとは色のついた布のこと。

窓際で自然光を浴びながら鏡の前の椅子に座ります。
真っ白いエプロンをつけます。
これで服の色の干渉を抑えてくれます。

沢山の色の布を顔の下に当てます。

ドキドキ。

みんなみたいに私も違いがわかるのだろうか、心配になりながらも
やっと自分のパーソナルカラーがわかる、という期待に胸が膨らみます。

自分で色による顔色の変化を考える

対決! 自分のパーソナルカラーのグループを当てる

ここで先生から面白いお話。
先生「これからは1:1の対戦です。春、夏、秋、冬をそれぞれを1グループとして1:1の対戦をします。
夏vs秋で戦ってそれが終わったら、次に春vs冬・・・そんな感じにやっていきます。
どんどん当ててるので私は正解を言わないですが最初の色、後の色どちらが似合っていたのか自分の心の中でカウントしてください。大丈夫ですか?」
こんな感じのことを言われました。

私は頭が・・・って感じになりました
対決・・・?
私「(うーんよくわかんないけどどっちのグループが似合うかをとにかくカウントしろってことね、たぶん)大丈夫です!」

よくわかってないけど大丈夫です、と答えてしまいました。

多分事前に知識として知っていた方が当日にスムーズに診断してもらえると思うので
めちゃくちゃ細かくお話します。

まず鏡の前に座っていますよね。

夏vs秋の対決の場合

パーソナルカラーの夏の緑(淡い緑)をまず当てます。
次にパーソナルカラーの秋の緑(どっしりとした緑)を当ててくれます。
先生に「どちらですか? どちらが似合いますか?」と聞かれます。
似合う、というのが難しいですよね。

大丈夫です!ご安心を!先生が「似合うお色だと顔色が明るくなります」とかヒントのようなことを言ってくれます。
それで自分でどっちの色が似合っているか判断するのです。
私「最初の方が似合っていると思います。」
先生はほとんど反応しません。
実際に似合っているグループがどれか、というのは最後に発表してもらえます。

次の色の対決に移ります。
パーソナルカラー夏のピンク(淡いピンク)を当てます。
パーソナルカラー秋のピンク(深いピンク)を当てます。
先生に「どちらですか? どちらが似合いますか?」と聞かれます。
私は「最初の方」と答えます。

こういったことを続けていき大体10色くらい対決したら
さぁどっちですか、どっちのグループが似合っていましたか? と聞かれます。
累計で最初に当てた夏のグループの色が似合うのか、
2回目に当てる秋のグループの色が似合うのかを決めます。

これを決めたら、
次は春vs冬、その次は夏vs春、その次は夏vs冬
このように、どんどん別の季節のグループで対決をしていきます。

 

私は夏vs秋が1番わかりやすくて比べたら圧倒的に夏でした。
明らかに秋は顔色がくすむんですよね。
黄色っぽくなります。

確かにお色によって程度の差はありますが、圧倒的、絶対に夏でした。
夏の方が肌が綺麗に見えるのは確実でした。

夏vs春も夏のグループの方が綺麗に見えるし
夏vs冬も夏のグループの方が綺麗に見えました。

診断前はイエベ春か秋かブルべ夏か不明でした

黄味肌のブルべ?
診断前に、パソコンやHPでよくあるパーソナルカラー診断をしていると大体、春か秋に診断されました。
なので最初はイエベ春だと思っていました。

しかしイエベ春に似合うといわれているリップがしっくりこない。
コーラルの口紅があんまりなんですよね、なんでだろう?
それにファンデもなんとなく合っていないかもしれない、
肌がくすんで見える、おかしい・・・と思っていました。

そこでそういったことを検索していると
黄色肌のブルべ夏は結構いる、ブルべだから色白とは限らない、というようなことを知りました。
それから私って黄身肌のブルべなのでは? という疑問が浮かび
もしかしたらブルべ夏かも? と思いながら来たので
この結果にはすごく納得でした。

ただ、対決の間、先生の表情は見えるのですが
先生は夏が似合っています、と言ってくれるわけではありません。
この時点では先生からはどう見えるんだろう? ということが気になっていました。

先生によるパーソナルカラー診断の結果発表

ドキドキの診断結果は…ブルべ夏でした!!!

ドレープ診断は個人差があるそうですが、結構私はわかりやすいです、と言われました。
確かに自然光の下ドレープを交互に当てたら結構わかりやすいですが
インターネットで「パーソナルカラー診断」と検索して出るようなサイトでは夏になったことがほとんどない私。
肌が真っ白ってわけでもなく、むしろ黄味が強いです。

それでも、似合う色はブルべ夏の色。
すごく誤解されやすいとおもうのですが、
肌の色がブルーベースなのか、イエローベースなのかではなくて
どんな色のグループの色なら肌が明るく顔が華やかになるか、ということです。

私はブルべ夏と判明されました。
では、どんなメイクや服、コーディネートが似合うのでしょうか。

メイクレッスン

私はメイクレッスンをついているコースにしたのでここでメイクが入ります。
やっとスッピンから脱出できる、自然光の下のスッピンは目に痛いです・・・

そんなこんなでメイクです。
まずはファンデーション。
ファンデーションはIPSAの廃版品のものでした。
結構よかっただけにもう買えない商品でメイクされても…
ってところは結構悲しかったポイントです。

パーソナルカラー診断でがっかりしたところは記事をまとめましたのでこちらへどうぞ↓

パーソナルカラー診断を表参道で受けてがっかりした話。正直な感想。

メイクだけでも書きたいことが山盛りで、いっぱい書きました。

眉毛

私の眉は左右対称ではないのでどちらの眉に高さを合わせるかを決めました。

眉と眉の間隔を狭くするとしっかりとした、ちょっと強そうな雰囲気に、
眉と眉の間隔を広くすると間の抜けた、ちょっと守ってあげたくなるような可憐な雰囲気に
そういったことを聞きました。

眉の形は結構意識していたのですが
眉と眉の間隔はほとんど意識したことがなかったです。
私はちょっと怖く、老けて見えることが多く
黙っていると怒ってる? と聞かれることもあるくらいなのですが
先生からしても眉の間隔を少し開けてもいいかも、と言われました。

!!!

家に帰ってから少しだけ、5㎜くらい眉頭を短くしました。
ちょっとかわいくなったような気がします(自分比)

ファンデーションの塗り方は点置きしてから広げるというやり方。
おっ! これはやっているぞ、とたったこれだけで誇らしげになりました。

先生はお粉をこれでもか!!!というくらいはたきました。
こんなにはたかれたことなくて粉っぽいのでは??? とちょっと怖かったのですが
時間がたつと馴染みました。
個人的にはお粉ちょっと多くない? と今でも思うのですが
肌のトーンが均一になるからか、写真写りは良かったです。

アイシャドウとチーク

私が選んだなりたいイメージは“優し気美人”
アイシャドウはピンクかベージュ系が良いといわれました。

先生「みなさんどうせ家で茶色系のメイクはするでしょ? それならピンクがいいんじゃない?」
という鶴の一声で私のアイシャドウはピンクになりました。

ピンク!!!

ピンクのアイシャドウなんて持っていません。
正確に言うと、1つ持っていたのですがなんだかうまく使えなくてお蔵入りのものが1つ。

せっかくなのでピンクのメイクです。
ここでもどこのブランドのアイシャドウを使うのか興味津々だったのですが
先生はブランドがわからないように
ケースを外した状態のお粉だけで独自のパレットを作っていたのでわからず。

パーソナルカラー診断でメイクレッスン

ケースを外した状態で集めていました

「どこのアイシャドウですか?」と聞いたのですが
あとで使ったアイシャドウとか化粧品とかは言いますね、とのことで聞けず。
あとでおすすめのアイシャドウとかメイク道具系の切り抜きは見せてもらったのですが
そのときには時間がなくきけず、私も忘れてしまっていたし先生も忘れていたので結局わからずじまいでした。

というか、やっぱりピンクがしっくりと来なくて
そこまでアイシャドウが気にならなかったのもあるかもしれません;

長々と話してきましたが、結構写真映えのするメイクが完成しました。
そう。
近くで見ると絶対メイク濃いと感じるパターンです。
アイラインだけは太すぎるように感じました。

先生も
ファンデーションとか
メイクブランドは相性があるからこれが良いとかはない、
自分で自分に合うのをみつけるしかない、と言っていました。

やはりメイクは個人の好みが結構あるし
先生はメイクのプロではありません。

今はYoutubeとかでメイクアップアーティストの動画を無料で見ることができるので
メイクは自分で開拓するしかないみたいです。

個人的にはかじえりさんのメイク動画とかの方がオススメです。
まぁ、動画を見てうまくなっている気分になるだけなのかもしれませんが笑
Youtubeで“KAJIERI MAKEUP”というチャンネル名で動画が上がっています。

有名なメイクアップアーティストさんが実際に使っている商品を知れますし
可愛いですし、一見の価値あると思います♡

下にこれはすごい、と思った動画を貼っておきます。
動画のサムネイルの画像、すごくないですか???
本当に目と眉が近づいていて目が大きく美人に見えます。
さすがプロ。

似合う服の色、コーディネート例を教えてもらう

雑誌の切り抜きを使って似合うコーディネートとメイク道具を教えてもらいました。
ただ、それは貰えるわけではなかったので自分で写真を撮らなきゃいけません。

そのうちの1枚がこちら、めっちゃ見づらい。。。

パーソナルカラー夏のコスメ、先生おすすめ

反射が入り微妙な写り…冊子がほしい!

 

先生!
参考にしたいから簡単でもいいので
似合うコーディネート、メイク品の一覧
それぞれ欲しかったです。

これは他のパーソナルカラー診断のサロンだと
自分のパーソナルカラーの似合うコーディネート集やメイク道具一覧を貰えたりするので
それが欲しい方はこちらのサロン以外の方がいいかもしれません。

私もてっきりもらえると思っていたので貰えなくてちょっとがっかりでした。
急いでいくつか写真を撮りましたが、時間が押していたり毎回すべて撮ることができなかったので
モレがあると思います。
残念。

写真を撮ってもらう

自分に1番に合う色を探します。
私はブルべ夏だったのでブルべ夏の色から似合うものを1枚選び写真撮影。

後日先生からメールが送られてきます。

手持ちの化粧品診断

化粧ポーチを持って行くと、その化粧品がどのグループのものなのかを教えてもらえます。
これめっちゃいい。
てきとーに買って似合っていないような気がしてなんとなくつけていないものがやっぱり似合わない色のグループだったり
最近使っていなくて忘れていたリップが自分にぴったりの色だったり。
私はイエベ春の色のものを沢山持っていました。
それもそのはず、1番最初は自分がイエベだと思っていたので;

すべてのメイク道具を仕分けしてもらえるのは気持ちが良いです。
先生、仕事人です。
めっちゃ早い。

忘れちゃうので写真必須。
私も写真でパシャリとしました。

こう見るとブルべ夏のメイク道具あんまり持っていなかったです。
アイシャドウなんかは4色入っているとこの色は夏だけどこっちは冬ね、みたいなこともありました。

時間の関係もあるとは思いますが
これはお化粧品をできるだけ多く持って行った方が良い気がします。

普段使っていなかったけどパーソナルカラー的にはぴったりっていうお色、絶対あります。
量にもよりますが持ち運べる量くらいだったら
せっかくの機会なので自分が持っているコスメ用品、似合う色なのかどうか確認してもらってください!

今日の私のメイクは、パーソナルカラーぐちゃぐちゃ!

私のメイクはいろんなパーソナルカラーの色を使っていて統一感なし! と言われてしまいました。

アイシャドウは薄い茶色のイエベ春
チークはピンク系のブルべ冬
口紅は薄めのピンク系のブルべ夏のお色!

ぐっちゃぐちゃ。
そんなこと考えてメイクしたことなかった・・・!
衝撃でした。

パーソナルカラーで色を統一するとおしゃれな感じになるのだとか。

まとめ

悪いところ

パーソナルカラー診断による似合うコーディネート集やメイク道具集はもらえない

先生がまとめた雑誌の切り抜きなどのコーディネート集やメイク道具のページをさーっと見るだけ。
似合う服の色、コーディネート例を教えてもらう
というところでもお話した通り、コーディネートやメイク道具のおすすめ一覧の紙は貰えません。
写真では撮ったけど、ぶれていたり反射が入ったり商品名が映っていなかったり…
全体が載ったものを欲しかった…。

パーソナルカラーのセカンドカラーを診断しない。

よくコスメの口コミなどをみていると
「ファースト、ブルべ夏、セカンド、イエベ春です…このお化粧品はーーー」みたいな口コミがあります。

これはブルべ夏が1番似合う色で
次にイエベ夏の色が似合う、ということです。
こういった自分が2番目に似合うグループの診断をしません。
先生はそういったのは百貨店などのクレーム対策だといっていました。

もし誤診があったときに高いお金払ったのに! となるのでそうならないように
2番目を一応言っておく、って感じ、と言っていました。

2番目を言わず1つのパーソナルカラーしか言わないのは潔い感じもしますが
私は次にどのグループが似合うのかも知りたかったです。

16分割のパーソナルカラー診断をしない

もう4分割で十分、そこまで自分で自分の首をしめなくても、とおっしゃっていました。
そういう考えもありますね。
ただ、勝負服を決めるときに本当に自分が似合う色を細かく知りたいので
私はいずれ16分割のパーソナルカラーも受けてみたいと思うようになりました。

16分割のパーソナルカラー診断では色の彩度や明度などに分けて細かく診断します。
ブルべ夏でもはっきりとしたクリアな色が得意なのか、
淡い色が得意なのかでも印象が変わるように感じました。

良いところ

信頼できる人からの似合う、という評価を得られる

自分のことだけど、自分では似合っているかわからないってこと結構ありますよね。
この色が好き! だから着る! アリだと思いますが第三者の意見はどうなんでしょうか?

このサロンでは雑誌にも掲載されるような先生が診断してくれます。
先生は雑誌掲載歴もかなりあり
最新では雑誌、&GIRLの2019年2月号にもパーソナルカラー診断のコーナーを監修していらっしゃいます。
先生が宣伝されていらしたのでその雑誌をちゃんと購入、読みました。

今までに先生は延べ8000人ほど見てきています。
キャリアも長く私は間違えないので、という感じで信頼できます。

これからのお買い物がしやすくなる

こういう色のお洋服、持ってないからいいかも、なんて思って買った洋服着なくなっちゃったりしていませんか?
結局は自分が気に入っている服ばかり着ていて
服はあるのに着る服がない状態。。。

パーソナルカラー診断を受ければ
自分に似合う色のグループがわかるのでお買い物で失敗しづらくなります。

メイク用品も ブルべ夏 おすすめ とかで検索して似合うものを使うとやっぱり透明感が出たりして結構いいです。

結果的に節約に

自分に似合う色がわかるので
セールだからと似合わない色のお洋服を買ってしまうことが減ります。

1度受ければ、パーソナルカラーは変わることがないので今後ずっと役に立つと考えれば早く受ければ受けるほどお得かもしれません。
実際に私はこの診断を受けてから
似合わず、使わないメイク道具を結構捨てました。
コーラル系の口紅やオレンジの口紅も憧れて何本かもっていたのですがどうもしっくりこず。

ブルべ夏にとっては朱色のようなオレンジ色は鬼門ということを知りました。
早く知りたかったです。

とはいえブルべ夏に合うお化粧品を追加でいくつも購入するので今は出費がかさんでいますが
自分に似合うものなので楽しい! です。

結果的に節約になっているかは正直不明ですが
長ーい目で見れば、似合わない洋服の買い物をしなくなるのではないか、と期待しています。

似合うものを身に着けるのは楽しい

自分に似合うものを身に着けると顔色が明るくなります。
似合うものを身に着けている、という思いが自信になって表情も変わる気がします。

私は今、お化粧品を買いなおしたり合うものを探しているのですがそういったことが楽しいです。

パーソナルカラーの色をメイクと上半身の色で意識しているのですが
自分比でお洒落になった気がしています。

毎日、パーソナルカラーのグループしか着ないわけではないです。
好きな色も着ますし、似合わない色のものも持ちます。

それでも勝負のタイミングやデートがある日にはパーソナルカラーの服を着るだけで
なんとなく安心感、これなら似合っているはず! という根拠のある自信が持てます。

自分の好きな色、というのは意識したことがあるとは思いますが似合う色を意識したことはありますか?

ご自身に似合う色探しにパーソナルカラー診断、結構いいですよ♪ ただ、正直微妙だったところもあります。そちらは以下の記事にまとめました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました